オンラインゲームの英語交流~楽しみながら英語が勉強できる!

生きた英語を会得する方法はオンラインゲームにあった


現在世界中で、オンラインゲームのユーザーは何千万人もいます。

日本だけでみても、何百万人もの人がオンラインゲームを楽しんでいます。

現在のようにオンラインゲームを誰でも気軽に楽しめるようになったおかげで、

ネット上で新たな交流が生まれています。

それは英語を使った、海外ユーザーとの交流です。

ゲームを楽しんでいて、突然英語で話しかけられたらどうしますか?

無視しているという方も多いのではないでしょうか。

それはもったいない話です。

 

オンラインゲームで英語で海外のユーザーと交流することは、

ゲーム自体を楽しめることはもちろん、あなた自身の英語力向上にもつながり、

まさに一石二鳥と言えるからです。

 

オンラインゲームをしていて、英語で話しかけたら、躊躇することなく、

英語で返信してみましょう。

心配しなくとも大丈夫ですよ。

なぜならあなたはオンラインゲーム上のキャラクターでしかないのです。

ゲーム上では誰もあなたの顔を見ているわけではありません。

 

普段ゲーム上で演じているのと同様、キャラになりきって、

是非会話を楽しんでみることをお勧めします。

多少間違えても大丈夫ですよ。

あまり英語が得意じゃないことを伝えれば、同じゲームを楽しむ仲間として

きちんと受け入れてくれるでしょうし、ゲーム上でもよいパートナーともなりえるでしょう。

 

そういった海外のゲームユーザーと交流することでゲームを楽しみながら

生きた英語を学ぶことができるのです。

 

というのも、日本では中学から大学まで英語を学習したのにかかわらず、英語が話せない人が少なくないことは

周知の事実です。

これは、日本の英語教育がライティング(書くこと)とヒアリング(聞くこと)には力を入れていますが、

なかなかスピーキング(話すこと)を強化してこなかったという問題点があるからです。

ですので英語をある程度勉強していても、突然英語で聞かれた場合に、とっさになんと応えてよいのかわからないという話をよく聞きます。

この日本人によくある弱点を克服するのがまさにオンラインゲームで英語で交流することなのです。

なぜなら、ゲーム上での会話は、話しかけられたら、すぐに返事をしなくてはいけませんよね。

ゲーム上で生きた英語で会話を繰り返すうちに、英語で聞かれても、英語でとっさに応えることができるようになるでしょう。

 

そうすれば、それを生かして海外旅行などでその英語力がきっと役立つでしょうし、仕事にも役に立つことが多いでしょう。
英語教材の勉強法サイトをみるよりも実践的かもですね。

 

しかし、ネット上では英語でも通常と異なる独特の言い回しがあるそうですね。

通常の若者たちが使っているスラング(俗語)のようなものもあれば、ゲーム独特の言い回しも沢山あります。

そういった言葉もオンラインゲームで会話をする際に、わからなければ気楽に尋ねればよいのです。

もう友達になっている相手ならば、気軽に教えてくれるでしょう。

また、ネット上でもそのような語句を解説しているサイトもありますので、

有効に使ってみてくださいね。

 

Drakensang Online: 1st Dwarf vs Sargon


実際のゲーム画面 です